戸建て住宅購入時には自分で修繕積立を開始しましょう

一戸建てを購入される全ての方に言いたいことなので皆さん真剣にこの記事を読んでほしい。

マンションでは部屋を購入すると、月々修繕費として管理組合に一定金額の積立金を支払うのが一般的です。
これは、マンションの共有部分や外壁塗装などを適時実施するために積み立てを行うものです。

マンションでも一戸建て住宅でも、居住して20年も経過すれば、リフォームを行う機会が多いものです。
このリフォームには、住み易さや家族構成の変化に対応しての室内リフォームと、
住居の寿命を長持ちさせるために必要なメンテナンスのリフォームがあります。
このリフォームの中で後者に当たる部分を、マンションでは積立金を用いて適時、行えるようにしているのです。
もちろん、メンテのリフォームが必要なのは戸建てでも同様で、戸建ての場合にはこの費用を自分で準備する必要があります。
スレート瓦の修繕や塗装、外壁のヒビ割れのメンテや塗装は、必ず必要になるもので、
戸建て住宅を購入した時から、この手当てを積み立て預金等で着実に行う事がおすすめです。

特に外壁や屋根の塗装が重要で外壁に薄い紙が1枚入る程度のヒビが口を開くと、そこから雨水が浸透し、
住宅の躯体である柱や梁を腐食させ、住宅の寿命を短くしてしまうのです。
ですから、住み易さの為のリフォームは費用が手当てできなければ我慢する手もありますが、
外壁や屋根はメンテのリフォームは我慢すれば済むものではなく、長く住み続けるためにはマストなのです。

住宅購入時には返済計画に余裕を持たせ、購入時からしっかりメンテのリフォーム費用を積み立てられる事をお勧めします。
また、今リフォームが必要となり、費用が捻出できない方はマイナス金利となった今、住宅ローンを借り換える
ことでリフォームに必要な金額分、支払い額から減ることでリフォームローンを組むなんてことも可能です。
りそな銀行の借り換えローンであれば10年固定で最大0.5%の金利で借りられるそうです。

<広告>
PageRank表示リンク童話集住宅リフォーム総合情報相互リンク募集中無料相互リンクMY2-Link健康マニアによる無病ライフページランク別相互リンク集Tie-upショッピングカート設置女性向けエステ.comじゃんけん必勝法サイドビジネス相互リンクダイレクト内職 アルバイト